読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMシングル S2序盤使用「コケコウルガパル」

f:id:mukapoke:20170212185929j:image

簡易解説

ガルーラ@ナイト 陽気AS/肝っ玉

ガブリアス@襷 陽気AS/鮫肌

カプ・コケコ@デンキZ 陽気AS/エレキメイカー

ミミッキュ@命の珠 意地っ張りAS/化けの皮

ウルガモス@ホノオZ 控えめCS/炎の体

パルシェン@王者の印 意地っ張りAS/スキルリンク

 

〇構築について

素早さ火力器用さを兼ね備えたカプ・コケコが強いと思ったのでここから始動した。デンキZを持たせることで非常に出し負けしづらく、出し負けても後述のパルシェンで起点に出来るため初手に投げやすい。

コケコで起点づくりすることで破ると止めるのが難しく、またコケコが呼ぶポケモンに強いパルシェン

カプ・コケコと並んでパルシェンが積む起点を作ることが出来、パルシェンの障害である鋼タイプを取り除くことが出来るウルガモス

3匹を軸として決定した。

ここまでではバシャーモが面倒なのである程度抗えるミミッキュを採用。

残りの2枠は電気の一貫を切りつつアイテムの自由度が高くガルーラを上から殴れるガブリアスと、メガ枠が余ったので暫定的にガルーラとした。

ガブリアスこだわりスカーフと気合の襷が余っていたが上3匹ではバトン構築が重たいと考えて気合の襷/吠える採用に至った。

ガルーラは単体で最も強いと考えている最速猫捨て身型にした。

ウルガパル以外の4匹は初手に出しやすく、ガルパル以外の4匹がZを持っているように見えるので選出画面で相手が考えることが多くなるのも強いのかもしれない。

 

個別解説

ガルーラ

猫/捨て身/れんち/地震

ミミッキュを上から殴れることもあって陽気AS。暫定的に入ってきただけなので特に無し。

 

ガブリアス

地震/岩封/ステロ/吠える

構築全体でバトンパが重めだったので吠えるにした。

その後は

逆鱗/地震/炎牙/剣舞 でも使っていた。

 

カプ・コケコ

ワイルドボルト/マジシャ/リフ/挑発

ワイルドボルトZは耐久に薄いテテフとガルーラを倒せるので強いと感じた。ただしマンムーガブリアスの後出しに吸われることも多かった。前回のコケコと違い今回は残しておいたり裏に置いたりしても戦えるコケコなのに、前の構築の癖で初手出しばかりになっていたのが勿体なかったと思う。壁でのサポートのためにウルガモスと同時選出してこっちがZを撃たないこともよくあった。 

 

ミミッキュ

じゃれ/シャドクロ/かげうち/剣舞

Zを他に取られているので珠にした。

最後に皮が残った状態でマンダと対面することが多かったのでこいつにフェアリーZでもよかった。

 

パルシェン

つらら/礫/ロクブラ/殻を破る

今回は襷ではなく王者の印にした。

これはこちらの構築にカプ・テテフが入っていないことで襷で耐えても先制技で飛ばされてしまうことや、ウルガモスやカプ・コケコから有利なポケモンに対して出すことを前提として使っているので特殊高火力の前で破る必要がないと感じたからである。襷を持っているガブリアスは襷以外でもそこそこ戦えるポケモンであるのでパルシェンに襷を持たせてもいいが、襷だったら勝てた試合より王者の印で拾える負け試合の方が多いと思うので印でよかった。

 

ウルガモス

オバヒ/虫のさざめき/めざ地/蝶舞

ホノオZの理由は、パルシェンヒードランで止まるのでめざ地面を採用したことで破壊光線ZやサイキネZや暴風Zを持たせるスペースがなく、虫Zよりも元の技の火力を高くすることで半減相手にもゴリ押せるから。

一応HD特化でなければカバルドンを飛ばせるのでオバヒZにした。最後に残されるのはウルガモスに弱いポケモンであることがほとんどなのでCが下がったオバヒでも足りることが多くオバヒで問題なかったと思う。

 

雑記

立ち回り面で意識したのは相手に自分が起点にできないポケモンを引かせて起点に出来るポケモンを出させることである。

例えば初手にコケコを投げることで相手にガルーラを引かせて(引かれなくてもデンキZで落とせる)、カバルドンマンムーガブリアスを出させれば壁や挑発を合わせてパルシェンの起点に出来る。

引かれなくてもデンキZで倒せ、引かれても起点に出来るという考え方が非常に好きなので、自分は積み展開構築では積みエースより展開始動役にZ技を持たせる方が強いと考えている。また、選出段階でこっちが何を出したら相手が何を出してくるのかを考えて確実に積めるように考えた。

 

今後は自分の構築と相手の構築を照らし合わせて選出画面で相手の出してくるポケモンをある程度特定できるように練習したい。

構築的にはポリ2レヒレナットレイスイクンあたりが重いです。

前回の壁構築と違い、壁がなくても有利対面で積める もしくは積まなくても強いポケモンが揃ったため選出や行動に自由度があり非常に使いやすかった。選出、出す順番によって多くの相手と戦えるが、逆に初手の対面不利を作ってしまうとリカバリーがしにくかった。

〇反省点

つららばりで落とせる場面でロックブラストを外してABCの予選抜けを逃したこと

パルシェンが意地っ張りなせいでサイコフィールド下で最速スカーフガブリアスと引きか居座りかの択になり安定しない。

前者は明らかな自分のミスなので減らしていきたいところだが、後者は構築段階で陽気にするなど改善の余地があると思うので練りたい。

軸にしたはずの3匹がZ被りになっているのが微妙。あと、ガルーラが猫を持つならミミッキュを呪い型にしてもいいと思う。そうするとガブリアスの吠えるを切って技スペを増やせる。

 

最後に

今回初めて他の人と構築を考えて、構築の組み方が少しづつわかってきたのでもっと強い構築を作りたいです。一緒に考えてくださった発寒厨さん、わだーだ、ありがとうございました。

 

SMシングルS1使用【最高2050】 壁コケコハッサムパル

初シングルレート2000超えの構築です。
f:id:mukapoke:20170117033720j:image

シーズン序盤はサークルの友人が組んでいたようなバルジーナやガラガラを用いたサイクル構築を組もうと思い色々迷走していたが、「今期は5世代みたいにやりたいことを押し付けるのが強い」というアドバイスを頂き、またその時期に開催された「九尾杯」の準優勝構築が公開され、「やりたいことを押し付ける」というコンセプトにあっていて惹かれたので、参考にして構築を組んだ。

 

構築を組む際に考えたこと

積みで全抜きするコンセプトを決定して、まず壁貼りとメガシンカの積みエースとステルスロック撒きを考えた。またSM環境では積まずに高火力を出せるZ技が横行しているので行動保証の持てる気合の襷や化けの皮、Sの高いポケモンを積極的に採用したいと考えた。

壁貼りは今期だとキュウコンかカプ・コケコが強力だろうと感じたが、キュウコンがカプ・コケコに上から挑発をされ壁を貼れないパターンと、襷をキュウコンに取られてなおかつ壁が5ターンしか続かないことが弱いと思いカプ・コケコを採用。(粘土キュウコンバレットパンチ押されるだけで仕事ができないので流石に使いづらいと思う。)

積みエースは今期ガルーラにグロウパンチが無いのでガルーラは採用できず、代わりとして先制技で麻痺やS下降を気にせずに上から殴れるハッサム

そして壁+威嚇で広い範囲に対して竜舞での積みを見込め、カプ・コケコへのスカーフ地面技の一貫を切れるボーマンダを採用した。

また、メガではないが、積みをこなせてメガ枠のポケモンが倒しきれなかったポケモンを倒せ、なおかつ行動保証を持てるミミッキュを採用した。

ここまで4枠は元の記事と同じポケモンの採用になった。

ステルスロック撒きは当初はカプ・テテフを意識してウツロイドを採用していたが、余りにもウツロイドに2回行動をさせてくれない選出をされることが多かったことが気になり、同じくカプ・テテフに強めでステルスロックを必要とせず、対策していない構築に有利を取れるパルシェンを採用した。

最後に、このままだとギャラドス+ポリゴン2のような構築に勝てなかったのとナマコブシが突破不可能なので、カプ・レヒレを採用した。当初はポリゴンZを採用していたが壁役にカプ・コケコを採用しているので、ポリゴンZを選出するとマンムーガブリアスが非常に重たくなることから選出できないことが多かった。カプ・レヒレ+ボーマンダでのサイクルも多少期待していた。

 

個別紹介

f:id:mukapoke:20170118111958j:image

カプ・コケコ@光の粘土

臆病/エレキメイカー

165(156)-x-106(4)-x-107(92)-200(252)
自然の怒り/リフレクター/光の壁/挑発

調整意図、技構成は

http://www.evervolition.com/entry/2016/12/20/000000 からお借りさせていただきました。

挑発の枠はとりあえず挑発で採用していたが後手後手での挑発になってしまうことがかなり多く使いこなせていなかった。相手のハッサムボーマンダが強引に舞いそうな時に挑発から入っていたがそこまで余裕があるわけでもないので微妙。パルシェンに破られない点は強い。

攻撃技が自然の怒りのみであり、もちろん10万ボルトやマジカルシャインが欲しいことも多々あったが、交換を無視して押せるのが非常に強かった。壁が切れるのを粘って交代をしてくる相手には怒りを撃ち続けて裏が積まなくても落とせるところまで削ったりできるのが強力だった。

両壁、自然の怒り、挑発の全てに強みがあったので今後壁貼り以外のカプ・コケコを使う際にも採用を検討したい。

 


f:id:mukapoke:20170118112354j:image

カプ・レヒレ@カプZ

控えめ/ミストメイカー

借り物のHCベース

しおみず/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

   

ポリゴン2軸でハッサムが通らないサイクルに対して出すので相手のサイクルに一貫性を取れる自然の怒り/カプZと、回復を許さないための挑発、役割対象のギャラドスやその他ドラゴンへの遂行速度を上げるためのムーンフォースと自然の怒りとの相性がいいしおみずを採用した。

 

ギャラドス+ポリゴン2の並びやパルシェンに強いが、電気枠がジバコイルならともかくデンジュモクの場合上から攻撃されて倒されてしまうのが弱かった。

カプZの汎用性が非常に高く、舐めた後出しを倒せるのが強かった。この型を使うなら臆病HSでマンムーやデンジュモクの上を取る方が強いと思う。

このポケモンだけが受け身な採用理由であったため、構築に馴染んでいなかったと思う。たまに渋々選出して壁下で耐久を盾に火力でゴリ押しする。

 


f:id:mukapoke:20170118112410j:image

ハッサムハッサムナイト

意地っ張り/テクニシャン→テクニシャン

メガ後163(140)-205(132)-160-x-120-125(236)

バレットパンチ/泥棒/剣の舞/羽休め

調整意図

S:最速テッカグヤ抜き

A:+2泥棒でH振りテッカグヤを残飯2回(守る考慮)込みで確定で落とせる

H:余り

 

メインウェポンであるバレットパンチに、バレットパンチが半減される鋼に通る泥棒。

体力が僅かしかない状態からでも自分より遅い相手を起点にするための羽休めと、全抜きサポートのための剣の舞を採用した。

 

テッカグヤとの対面で自信を持って行動したかったのでAS振りをした。テッカグヤに対しては壁下で剣の舞のタイミングで後出ししてくる時しか勝てないが、そのようなプレイングは多く見られた。

実際テッカグヤを倒せることはあまりなかったが、割と頻繁に起きたハッサムミラーで上から行動できて多くの勝ちを拾ってくれて、S振りは正解だったと思う。

Aを削ったことでカプ・コケコに対する乱数が下がったが、大体の場合前述のカプ・コケコで削っているので気にならなかった。

 


f:id:mukapoke:20170118112420j:image

ボーマンダボーマンダナイト

意地っ張り/威嚇→スカイスキン

メガ後170-216(252)-150-x-111(4)-172(252)
恩返し/地震/炎の牙/竜の舞

調整意図

AS:ぶっぱ

D:メガ前のDL対策

 

メインウェポンの恩返しと電気タイプに撃つための地震、炎4倍相手に撃つ炎の牙に全抜きサポートするための竜の舞を採用した。

 

当初は炎の牙が羽休めであったが、急所等を考えるとあまり使用する機会が少なかったので、舞わずともハッサムに打点を持てる炎の牙を採用。構築単位で重いカミツルギへの打点でもある。

羽休めを切ったことで反動を嫌って恩返しにしたが、捨て身タックルが欲しい場面はほとんどなく恩返しで火力は十分だと感じた。

壁+威嚇によって多くのポケモンの前で舞うことが出来た。例えば氷柱針を考えると良いプレイングではないが、1度どうしようもない時にA↓1の壁下のマンムーの礫+マンムーの礫を耐えることからマンムーの前で竜の舞を積むことができた。

環境に多くいたポリゴン2パルシェンに対して出来るだけハッサムを出していたのでボーマンダの選出はあまりできなかったことと、カプ・レヒレとサイクルを回すことを考えるのであれば耐久に努力値を回すべきだったと思う。

 


f:id:mukapoke:20170118112433j:image

ミミッキュ@ゴーストZ

意地っ張り/化けの皮

131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

シャドークロー/じゃれつく/影うち/剣の舞

調整意図

AS:ぶっぱ

H:奇数

 

自分より遅い相手にいきなり高火力を叩きつけることの出来るシャドークロー/ゴーストZ、シャドークローでは威力に不安があることや無効タイプがあること、ボーマンダに一方的に起点されないためにじゃれつく、先制技の影うちと全抜きするための剣の舞を採用した。

 

個人的に7世代で追加されたポケモンの中で最も強力だと思っているポケモン

陽気で使っていた時にテッカグヤに+2暗夜をミリ耐えされることが多かったので意地っ張りにした。臆病カプ・ テテフより遅くなってしまったが、テテフはスカーフも多かったので割り切った。

最初は影うちの火力を上げるために命の珠で使っていたが、ポリゴンZが抜けたことでZクリスタルが余ったこともありゴーストZに変更した。対面から多くのテッカグヤを倒してくれて正解だった。

何よりもこのポケモンはアイテムも含めて型が豊富なので、珠ダメージでアイテムがバレるのが弱いと感じた。思ったより耐久があるので珠で削れるのももったいない。

 


f:id:mukapoke:20170118112442j:image

パルシェン@気合の襷

意地っ張り/スキルリンク

125-161(252)-200-94-66-122(252)

氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

 

特筆することは無いただの意地っ張りASパルシェン。相手のテテフにハッサムを倒されることが多かったのでサイコフィールドに便乗して殻を破ってやろうと思い採用した。

2000に乗るまで(最終日4日前)はこいつが3タテすることも多かったが2000以降では対策されていて出しづらかったり、無理やり選出して活躍できずに倒されることが多かった。

H振りだけのジバコイルやHBポリゴン2に対して自然の怒り+殻を破る氷柱針で落とすことができるところでカプ・コケコとの相性の良さを感じた。

 

選出

相手の6匹を見て通せそうなポケモンを選び

カプ・コケコ+メガ枠+ミミッキュorパルシェン

の選出が8割ぐらいを占めていた。

そのほかギャラドス軸の構築に対してはカプ・レヒレを選出したり、コケコで壁を貼ることが難しい、もしくは貼る意味が薄いと感じた時は

ミミッキュ+メガ枠+パルシェンでの選出も行った。

 

重たかったポケモン

岩石封じガルーラ

初手に出てくるゲンガー

テッカグヤ

挑発カプ・テテフ

ナマコブシ

ガルーラ自体はそこまで重くはなかったが取り巻きも考えるとボーマンダを出したいことが多く非常に厄介だった。

初手に出てくるゲンガーにはカプ・コケコで同速勝負をせざるを得ず、不安定だった。

テッカグヤは主流だった残飯型なら勝てるがシーズン終盤になると技構成もアイテムも多種多様になって倒しづらかった。

カプ・テテフに挑発されると何も出来ずに負ける。最初友達が言ってた時はそんなにいないだろと思ってたらめっちゃいてめっちゃ負けた。

ナマコブシに関しては突破方法がなかった。

 

最後に

今期最高2050(画像なし)

今期最終1944

構築の出来とプレイングの弱さも考えると1950ぐらいがお似合いだったと感じる。運良く2000に乗れたが、来期からはもっと強い構築を作り、上手なプレイングができるようにする。
f:id:mukapoke:20170118111019j:image

2000に乗った時に嬉しくて撮った画像

初めての2000だったのでとても嬉しかったのも事実ですがここで満足せずにもっと上を狙いたいです。

 

今期対戦してくださった皆様。

一緒にレートをやったあべし、わだーだ、ばんちょう、シーモアさん。

アドバイスをくださった多くの方々。

ありがとうございました。

 

質問や指摘がありましたらTwitterアカウント(@mukapoke)までよろしくお願いします。