読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積み展開の始動役について

ポケモン 考察記事

ここ最近ずっと積み展開のことについて考えています。

そこであくまで自分の考えに則って積み展開をするならこういうふうに考えました。何か違うと思うところがあれば指摘してくれると嬉しいです。

 

積み展開の始動役に求める条件は以下の5点

①自分の積み展開を有利に進められる技を覚えること

②相手に先に展開させない技を覚えること

③自分の積みエースが起点にできない相手のポケモンを倒せるもしくは交代させることが出来ること。

④出来るだけ一度は自由に行動出来ること

⑤多くの相手に初手で出せる

 

①〜③は積みの始動役を採用する理由

④と⑤は積みの始動役になる条件 だと考えている。

また、自分は積みエースはメガやZを採用しなくてもいいと考えているので、積みの始動役にメガやZを割くのもありだと考えている。

 

①自分の積み展開を有利に進められる技を覚えること

わかりやすいのはリフレクター、光の壁、ステルスロック、欠伸、鬼火あたり

場合によっては電磁波、蛇睨み、岩石封じ、ねばねばネットとか

どれかは欲しいと思うが無くてもいい。①〜⑤の中では優先度は低め。

 

②相手に先に展開させない技を覚えること

挑発、吠える、吹き飛ばし

相手が初手に身代わりや積み技を覚えるポケモンを出してきた時にそのまま積まれると、こちらの積み展開は受けられるポケモンがいないので3タテされかねない。①より優先度が高いと感じる。よく挑発大好きだな〜と言われることが多いが相手のパルシェンに破られたら試合が終わってしまうので至極当然のことである。

挑発は相手の欠伸や吠えるを止められるのが強い。相手に展開させないでこちらが展開できる点で強い。

吠えるは積み技やバトンタッチに対して強い。相手に展開されても流せるのが強い。

どちらも一長一短である。挑発を持たせるなら速いポケモン、吠えるを持たせるなら耐久力の高いポケモンがいいと思う。

 

③自分の積みエースが起点にできない相手のポケモンを倒せるもしくは交代させることが出来ること

前者に関してはZ技を持たせたり、単純に高火力やタイプで有利なポケモンを展開始動役に採用する。

後者はどういうことかというと、積み展開は積んでしまえば倒せるけど積めないという場合が多い。

例えば襷以外のパルシェンを使っている時、相手のカプ・テテフは積んでしまえば倒せるけど積めないポケモンである。

この場合はカプ・テテフを相手に引かせて、ガブリアスなどのパルシェンで起点にできるポケモンを出させることでカプ・テテフごと倒せるということ。

つまり、展開始動役にはカプ・テテフを引かせてガブリアスを出させるタイプや技構成を持たせたいということである。

また、展開始動役が無視されて壁が切れてから殴られることがないようにするためにも始動役に火力を持たせることは大事だと思う。

特に相手のガルーラを起点に出来るポケモンはなかなかいないため、ガルーラをワンパンしうる能力は持たせたい。

逆も然りで、展開始動役が引かせることができるポケモンに対しては裏の積みエースで確実に有効打を持たせたい。

①〜⑤の中で最も重要だと考えている。

 

④出来るだけ一度は自由に動けること

「自由に」というのは麻痺や混乱で動けないというわけではなく、例えば積みサポートの技に欠伸を採用するなら挑発を入れられて欠伸が打てないとかがないようにすること。

「動ける」というのは相手に上から殴られて倒されましたということがないようにすること。

自由に動けなくても裏で積み展開ができる、動けなくても裏で積み展開ができるなら④は必要ないが、3匹を相手にするのはなかなか厳しいと感じる。

ただし例外だと思っているのは相手がこだわりアイテムを持っている場合。

相手がこだわりアイテムを持っていることがわかれば自分は安全に積める、本来積めない相手の前で積むことが出来れば試合を終わらせることが出来る可能性があるほか、襷を持っていないことがわかり、補助技がないこともわかるので挑発を打つ必要も無いので破格の情報アドバンテージを得られる。

例えばカプ・コケコとガブリアス対面でコケコがリフレクターを貼ろうとしたらスカーフガブに地震で倒された場合、本当は襷の逆鱗や岩石封じや吠えるを考えたら舞えないボーマンダガブリアスの前で積めるということ。

逆に展開始動役にZを使われるのはこちらとしてはそんなにアドバンテージではない。こちらが積み技を使って有利に試合を進められるのであればZ技を相手に使わせず上から殴り勝つことが出来るから。

 

⑤多くの相手に初手で出せる

展開始動役は基本積み技を覚えさせるスペースがない

そのため積み展開は(いくら火力を持たせたいとはいえど、普通のポケモンに比べたら吠えるや壁の分スペースを取られ技範囲が狭くなることからも考えて)始動役以外の5匹が戦闘要員ということになる。その5匹の中でさらにもう1匹展開の始動役にすると4匹が戦闘要員になるが、それだと相手の構築に対応できる範囲が狭くなってしまう。つまり出来るだけ積みの始動役は1匹に抑えたい、なのでできる限り初手に投げられることが必要。

ただしこれに関しては初手に投げやすくて有利だったらそのまま自分から積みに持っていけるポケモンや、①や②の技を持たせずとも相手の起点になりづらい対面性能の高いポケモン(例えばガルーラとか)を採用することで展開始動役を初手に出すことを回避できるのでそっちの方面からも考えたい。

 

前期も今期も使っているのは展開始動役のコケコ+積みエースのパルシェンの並びであるが

コケコは自分の耐久こそ低いが①②の壁と挑発を覚え、Z技によってガルーラに対して倒したり引かせたりし地面を出させることでパルシェンの起点にする③を満たしていて、Sが高いのでスカーフ持ち以外にはほぼ上から動け④を満たしており、壁や蜻蛉返りを持たせることで初手に投げやすいと思っているので⑤も満たせる。

積みサイクルというのは積みエースの間で③を考えることだと思う。

今回はこれで終わりです。次は積みエースについて考えたいです。

 

終わり