読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMシングル 「テテフ積み展開」 関東シングルFESTA ベスト8

ポケモン 構築記事

〇挨拶

こんにちは、普段はポケモンサークル流星群でシングルバトルをしているむか(@mukapoke)です。今回はオフで結果を残すことが出来たのと、リザードンに限界を感じた為S2終盤ですが記事を残すことにしました。

 

〇結果

関東シングルFESTAとシングルレートS2で使用

予選ライチブロック8-0 

決勝トーナメント2-1 ベスト8

 

最終レート 2037

最高レート 2069 

 

 〇使用構築

f:id:mukapoke:20170311203738j:image

カプ・テテフ@エスパーZ 臆病HS調整

パルシェン@王者の印 陽気AS

リザードンリザードナイトX 陽気AS

ガブリアスこだわりスカーフ 陽気AS

キノガッサ@気合の襷 意地AS

ミミッキュ@フェアリーZ 陽気AS

【追記】

QRコード

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4A1F-9260

ぜひ使用して感想を伝えていただけると嬉しいです。

 

〇構築について

ニトロチャージもしくは竜の舞で素早さを上げたメガリザードンXは擬似的にこだわりスカーフを持っているのと同じような感覚で扱え、現環境でZを持っている可能性の高い「素早くて低耐久」なポケモン(ゲッコウガウルガモスカミツルギ、カプ・コケコ、カプ・テテフ)に有利であることからZクリスタルを抱え落ちさせて有利に試合を進められ、謎の役割破壊Zによるストレスを解消できるのではないかと考えてメガリザードンXから構築を考えた。

メガリザードンXが安全に積むことができる状況を作るために鋼タイプのポケモンを非常に出させやすく、仮に鋼タイプのポケモンが出されなかった場合に相手の構築を半壊させられるカプ・テテフを展開の始動役に決定し、この2匹を軸に構築を組んだ。

リザードンの型を考えているうちに竜の舞と剣の舞を採用できなかったので周りはリザードンの火力の補助ができるポケモンで固めた。

 

〇個体詳細
f:id:mukapoke:20170312012535j:image

カプ・テテフ@エスパーZ

臆病/サイコメイカー

167(172)-x-107(92)-156(44)-136(4)-154(196)

サイコショック/自然の怒り/10万ボルト/挑発

調整は

http://verdandi28.hatenablog.com/entry/2017/02/19/190000 を真似させて頂いた。

鋼を呼び挑発を入れることでリザードンの起点を作る、サイコメイカーとエスパーZにより最低限の火力を確保した。

エスパー技がサイコショックの理由は挑発と合わせて受けループを対策するため。

自然の怒りは相手のポケモンを強引にリザードンニトロチャージ圏内に入れるために使用した他、相手が襷で1耐えたポケモンを交代で残そうとする動きが考えられる場合に撃った。(体力1のポケモンは自然の怒りで倒せる)また、これも挑発と合わせて受けループを倒すのに使う。

最後に余った枠の10万ボルトはヤドランとエアームド意識。

ほぼ毎試合選出する構築の肝のポケモンでありながら自然と受けループ対策も備えていてとても使いやすかった。

参考にさせていただいた記事にもあるが10万ボルトはほとんど打つ場面がないのでムーンフォースや壁。

Zサイコショックだとガルーラが生き残る可能性が高い(捨て身タックルの反動込みで落とせるので妥協していた)のでサイコキネシスも欲しい。

おそらくガルーラの捨て身を耐えてエスパーZで返すテテフの存在自体はメジャーなのだか環境に存在しなさすぎてドランやギルガルドがいる構築ですら初手ガルーラを何度も葬った。だが、このような起点構築では初手のガルーラに後出しができないため倒されず逆に倒すためHBかHSに振ることが必須であると考えている。

 

f:id:mukapoke:20170312101649j:image

パルシェン@王者の印

陽気/スキルリンク

125-147(252)-200-x-66(4)-134(252)↑

氷柱針/ロックブラスト/殻を破る/氷の礫

リザードンというポケモンの性質上XかYか判別できない状況では無闇に引くことができないためカプ・テテフによって出させた鋼タイプのポケモンリザードンを対面させた時相手は鋼タイプのポケモンを切らざるを得ない。

そこで相手の鋼タイプのポケモンを倒した時に一貫するパルシェンを採用した。サイコフィールド下でリザードンが止まってしまう最速スカーフガブリアスの上を取るために最速。

メタグロスに強くなれるオボンのみや命の珠ハイドロポンプなどにすると出す機会がグッと増えると思う、一応メタグロスはほかのポケモンで4割ぐらい削ると1怯みで落とせる。


f:id:mukapoke:20170312102321j:image

リザードンリザードナイトX

陽気/猛火→硬い爪

159(44)-176(204)-132(4)-x-106(4)-167(252)↑

フレアドライブ/逆鱗/雷パンチ/ニトロチャージ

☆調整

H-B 陽気メタグロス地震+バレットパンチ耐え

コンセプト上鋼タイプのポケモンを倒しながら加速するニトロチャージ

パルシェンカプ・レヒレが厳しいので打点を持てる雷パンチ

残りは剣の舞も欲しかったのだが範囲を重視してフレアドライブと逆鱗にした。Adamsさんにこういう型のリザードンXもいると言われていたので違和感なく採用できたしどの技も均等に使っていたので正解だったと思う。

雷パンチを剣の舞にすると出せる試合がかなり減るので2メガ構築にした方が良い。また、ニトロチャージリザードンYも一考。

 

f:id:mukapoke:20170312103337j:image

ガブリアスこだわりスカーフ

陽気/鮫肌

183-182(252)-116-x-105-169(252)↑ 

逆鱗/地震/炎の牙/ストーンエッジ

リザードンと合わせて上から殴り続けて相手に負担をかけ役割集中で倒す目的で採用。電気の一貫も切った。

最悪ガブリアスどうしの同速勝負に持ち込むためと最速リザードンを考えて最速スカーフにした。選出率が6匹の中では低めで、出したのはメタグロス入りの構築に対してカバルドンを前の2匹で削って一貫を取る動きをしたので、メタグロス入りに強めな別のポケモンを入れることも検討したい。

最終日30戦してプテラ入りに一度出しただけでメタグロス入りにすら出さなかったので変えるべき。


f:id:mukapoke:20170312110455j:image

ミミッキュ@フェアリーZ

陽気/化けの皮

131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)↑

じゃれつく/呪い/痛み分け/身代わり

http://p-q-poke.hatenablog.com/entry/2017/03/05/000533

このブログを参考にさせて頂いた。

このポケモンで削って裏のガブリアスリザードンキノガッサの範囲に入れることを意識した。リザードンが剣の舞を持っていないので相手のサイクルを崩すための呪い痛み分けの技構成。

攻撃技はシャドークローが欲しい場面もあったので一長一短。初手に出しておけば出し負けしないぐらいの信頼感があった。

ゲンガーやメタグロスに対して初手対面した時相手は霊Zを警戒した動きを取らざるを得ないのでその隙に起点を作ることも出来、このポケモンの型の豊富さという強さを改めて感じることが多かった。

 
f:id:mukapoke:20170312133007j:image

キノガッサ@気合の襷

意地っ張り/テクニシャン

135-200(252)↑-101(4)-x-80-122(252)

キノコの胞子/タネマシンガン/剣の舞/マッハパンチ

ガブリアスリザードンが倒しきれなかったポケモンマッハパンチで倒し、裏を襷込みで倒し切る動きをするために採用した。

解禁前はフィールドのせいで使いづらいことが懸念されていたが最近流行のカバルドンと、襷さえあればミミッキュに対して強めなので活躍する場面は多かった。また、パルシェンの礫と合わせて先制技で相手を削りニトロチャージ圏内やスカガブの一貫を作っていくこともできる。

剣の舞は上記のポケモンたちではクレセリアを含めたサイクルを崩しにくいと考えたので採用した。また、ブルルドヒドイデに対してもグラスフィールド下のタネマシンガンでカプ・ブルルがかなり削れるのでキノガッサでブルルを倒すことを意識すると戦いやすい。

主に陽気ガブの逆鱗耐え調整のゲッコウガを意識した意地だが妙に速いカプ・レヒレに抜かれることが多々あるので陽気もあり。

 

〇選出

メインとなっている選出は

・テテフ+リザードン+パルシェン

積みサイクル選出、リザードンで鋼を倒しリザを止めに来たポケモンパルシェンで起点にする。タイプ受けサイクルに出す。

ミミッキュ+キノガッサ+何か

積みサイクル選出が通らない時にミミッキュの呪い痛み分けとキノガッサの剣舞で崩していく。数値受けサイクルとバンドリ系統にも出す。

 

・何か+リザードン+ガブリアス

リザードンガブリアスの物理の役割集中を通せそうな時に出す。

ガブリアス+キノガッサ+何か

対面性能の高い選出、迷った時これにしておくとどうにかなることが多い。

 

〇重いポケモン

メタグロス+地面タイプの並び

今回この構築を公開したのはこれが流行しているのに勝てないから。決勝トーナメント2回戦と3回戦で当たってしまい3回戦で負けた。

そのほかにもリザードンに上から有効打がありテテフが誘ってしまうポケモンはだいたい辛い。 (ウツロイドや両刀ボーマンダやCSゲンガー)

 

〇雑感

今回の構築は有利に試合を進めているにも関わらず1度の択に負けたらひっくり返されるという状況に相手を追い込むことや、相手だけに一方的に択を押し付けることが多く相手のプレイングミスを多く誘うことが出来た。また、こちらの構築をどれも隙を見せると半壊するポケモンで構成したため相手に選出段階で圧力をかけることが出来たのが良かった。キノガッサパルシェンで分のいい運ゲーを仕掛けることも出来、どうしようもない状況から勝てることも多かった。サイクルを回せない構築なので出し負けると不利になるが初手に出しやすいポケモンが比較的多いので出し負けは割としづらい。

 

というか、本当にどうしようもない相手に対しては初手ガッサで胞子で眠らせてパル引き全部怯ませるという勝ち筋が残るのがめっちゃバカだけど普通に強いと思う。

 

メタグロス+リザードンを止めてくる地面の並びが非常に辛い上に流行していたので対策が甘かったのは反省している。メタグロスがきついクレセリア入りのサイクルにはこの構築は強めなので今後もいろいろ考えていきたい。

また、リザードンパルシェンの単体性能があまりにも低く対面+積みのような綺麗な形にならなかったのが残念。

 

〇最後に

自分は今まで予選抜けも少なかったのでこの人数の規模でベスト8になれたのは非常に嬉しいですが、同じサークルのわだーだが東北シングルFESTAで優勝していることもあり全国にあと一歩届かなかったことがとても悔しいです。ただ、追いつこうと思って色々ポケモンを考えて絶対に勝つという気持ちで臨んだオフでベスト8まで勝ち抜けたのは自信が付きました。この構築を作っている際に通話をして色々教えて頂いた発寒厨さんとかっちんさんには感謝しています。次こそ勝ちます。

 

そして個体を貸してくれたわだーだには感謝します。

 

 

オフ会場が近いからといって自転車でオフに行くと二次会のお店が遠かった場合に悲しみに閉ざされてしまうのでやめましょう。構築はサイクルを回せないくせに自分が1時間ぐらいサイクルを回してました。

 

おわり