読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMシングル S2序盤使用「コケコウルガパル」

ポケモン 構築記事

f:id:mukapoke:20170212185929j:image

簡易解説

ガルーラ@ナイト 陽気AS/肝っ玉

ガブリアス@襷 陽気AS/鮫肌

カプ・コケコ@デンキZ 陽気AS/エレキメイカー

ミミッキュ@命の珠 意地っ張りAS/化けの皮

ウルガモス@ホノオZ 控えめCS/炎の体

パルシェン@王者の印 意地っ張りAS/スキルリンク

 

〇構築について

素早さ火力器用さを兼ね備えたカプ・コケコが強いと思ったのでここから始動した。デンキZを持たせることで非常に出し負けしづらく、出し負けても後述のパルシェンで起点に出来るため初手に投げやすい。

コケコで起点づくりすることで破ると止めるのが難しく、またコケコが呼ぶポケモンに強いパルシェン

カプ・コケコと並んでパルシェンが積む起点を作ることが出来、パルシェンの障害である鋼タイプを取り除くことが出来るウルガモス

3匹を軸として決定した。

ここまでではバシャーモが面倒なのである程度抗えるミミッキュを採用。

残りの2枠は電気の一貫を切りつつアイテムの自由度が高くガルーラを上から殴れるガブリアスと、メガ枠が余ったので暫定的にガルーラとした。

ガブリアスこだわりスカーフと気合の襷が余っていたが上3匹ではバトン構築が重たいと考えて気合の襷/吠える採用に至った。

ガルーラは単体で最も強いと考えている最速猫捨て身型にした。

ウルガパル以外の4匹は初手に出しやすく、ガルパル以外の4匹がZを持っているように見えるので選出画面で相手が考えることが多くなるのも強いのかもしれない。

 

個別解説

ガルーラ

猫/捨て身/れんち/地震

ミミッキュを上から殴れることもあって陽気AS。暫定的に入ってきただけなので特に無し。

 

ガブリアス

地震/岩封/ステロ/吠える

構築全体でバトンパが重めだったので吠えるにした。

その後は

逆鱗/地震/炎牙/剣舞 でも使っていた。

 

カプ・コケコ

ワイルドボルト/マジシャ/リフ/挑発

ワイルドボルトZは耐久に薄いテテフとガルーラを倒せるので強いと感じた。ただしマンムーガブリアスの後出しに吸われることも多かった。前回のコケコと違い今回は残しておいたり裏に置いたりしても戦えるコケコなのに、前の構築の癖で初手出しばかりになっていたのが勿体なかったと思う。壁でのサポートのためにウルガモスと同時選出してこっちがZを撃たないこともよくあった。 

 

ミミッキュ

じゃれ/シャドクロ/かげうち/剣舞

Zを他に取られているので珠にした。

最後に皮が残った状態でマンダと対面することが多かったのでこいつにフェアリーZでもよかった。

 

パルシェン

つらら/礫/ロクブラ/殻を破る

今回は襷ではなく王者の印にした。

これはこちらの構築にカプ・テテフが入っていないことで襷で耐えても先制技で飛ばされてしまうことや、ウルガモスやカプ・コケコから有利なポケモンに対して出すことを前提として使っているので特殊高火力の前で破る必要がないと感じたからである。襷を持っているガブリアスは襷以外でもそこそこ戦えるポケモンであるのでパルシェンに襷を持たせてもいいが、襷だったら勝てた試合より王者の印で拾える負け試合の方が多いと思うので印でよかった。

 

ウルガモス

オバヒ/虫のさざめき/めざ地/蝶舞

ホノオZの理由は、パルシェンヒードランで止まるのでめざ地面を採用したことで破壊光線ZやサイキネZや暴風Zを持たせるスペースがなく、虫Zよりも元の技の火力を高くすることで半減相手にもゴリ押せるから。

一応HD特化でなければカバルドンを飛ばせるのでオバヒZにした。最後に残されるのはウルガモスに弱いポケモンであることがほとんどなのでCが下がったオバヒでも足りることが多くオバヒで問題なかったと思う。

 

雑記

立ち回り面で意識したのは相手に自分が起点にできないポケモンを引かせて起点に出来るポケモンを出させることである。

例えば初手にコケコを投げることで相手にガルーラを引かせて(引かれなくてもデンキZで落とせる)、カバルドンマンムーガブリアスを出させれば壁や挑発を合わせてパルシェンの起点に出来る。

引かれなくてもデンキZで倒せ、引かれても起点に出来るという考え方が非常に好きなので、自分は積み展開構築では積みエースより展開始動役にZ技を持たせる方が強いと考えている。また、選出段階でこっちが何を出したら相手が何を出してくるのかを考えて確実に積めるように考えた。

 

今後は自分の構築と相手の構築を照らし合わせて選出画面で相手の出してくるポケモンをある程度特定できるように練習したい。

構築的にはポリ2レヒレナットレイスイクンあたりが重いです。

前回の壁構築と違い、壁がなくても有利対面で積める もしくは積まなくても強いポケモンが揃ったため選出や行動に自由度があり非常に使いやすかった。選出、出す順番によって多くの相手と戦えるが、逆に初手の対面不利を作ってしまうとリカバリーがしにくかった。

〇反省点

つららばりで落とせる場面でロックブラストを外してABCの予選抜けを逃したこと

パルシェンが意地っ張りなせいでサイコフィールド下で最速スカーフガブリアスと引きか居座りかの択になり安定しない。

前者は明らかな自分のミスなので減らしていきたいところだが、後者は構築段階で陽気にするなど改善の余地があると思うので練りたい。

軸にしたはずの3匹がZ被りになっているのが微妙。あと、ガルーラが猫を持つならミミッキュを呪い型にしてもいいと思う。そうするとガブリアスの吠えるを切って技スペを増やせる。

 

最後に

今回初めて他の人と構築を考えて、構築の組み方が少しづつわかってきたのでもっと強い構築を作りたいです。一緒に考えてくださった発寒厨さん、わだーだ、ありがとうございました。