目次とあいさつ

初めまして、TNむかぽけという名前でポケモンをやっている者です。

11/5にブログ名を「次こそ勝ちます!」から「りこちゃんビームで確定一発」に変えました。

 

当ブログの構築記事では

  • 前語り 成績
  • 簡易解説
  • 構築を組むに至った経緯
  • 個別紹介
  • 立ち回り 選出 
  • 重かったポケモンなど
  • 反省点や雑感
  • Special Thanks(あれば)

といった形式で書かせていただきます。また、シーズン毎に1~2匹ほど単体考察の記事もあげるかもしれません。

何かあれば連絡はTwitter @mukapoke までよろしくお願いします。

 

~~SM使用構築~~

シーズン1

壁コケコハッサムパル 

最終1944 最高2050
f:id:mukapoke:20170313163116j:image

SMシングルS1使用【最高2050】 壁コケコハッサムパル - りこちゃんビームで確定一発

 

シーズン2

 「テテフ積み展開」

関東シングルFESTA 予選8-0 ベスト8

最終2037 最高2069

f:id:mukapoke:20170313163144j:image

SMシングル 「テテフ積み展開」 関東シングルFESTA ベスト8 - りこちゃんビームで確定一発

 

シーズン3

「ゲンカグヤガブ」

Harvest7th ベスト8
f:id:mukapoke:20170614082619j:image

SMシングル 「ゲンカグヤガブ」簡易メモ - りこちゃんビームで確定一発

 

〜USM使用構築〜

シーズン9

「カバマンダparalyzer」

レート1989

双剣杯ベスト16
f:id:mukapoke:20180518015315j:image

 シーズン9 日記 - りこちゃんビームで確定一発

【USMシーズン9使用構築】カバマンダparalyzer【最高2045】 - *あまみやぽけのポケ模様* 

※これ以来襷コケコがたまに真似されてるの見て嬉しかった。構築名の由来はそのまま電磁波コケコ。

 

シーズン?(忘れた)

「Guilty Feverマンダウルガ

第1回バトルフロンティアベスト3f:id:mukapoke:20190619043939j:image

※下書きにそんな感じの名前の構築記事がありました(当時は人に教わったポケモンがいなかったので公開しなかったし今更するつもりもない。)Guilty要素は3位決定戦で手裏剣2発で止めて勝ったこととウルガモスの炎の体、ギルガルドの素早さ(最速)、ボーマンダの岩雪崩とスーパーボールに入っている点です。

 

シーズン15

「Nonstop!マンダウルガ

レート2065

f:id:mukapoke:20190619042418j:image

USMシングルS15 「Nonstop!マンダウルガ」 最高2065 - りこちゃんビームで確定一発

※構築名のNonstopの由来は、Hop?stop?Nonstop!というAqoursの楽曲から取りました。シーズン中にライブがあったことと、レート2000でやめようと思ったけどそこから潜り続けたという意味を込めて。

剣盾シングルS15 ゼルネアス構築メモ

こんにちはむかです。今回はシーズン15でゼルネアス構築でレート2015を記録出来て、自分でもしっかりと変更点を考えられた実感があるので記念にブログ書きました。

 

使った構築
f:id:mukapoke:20210303105401j:image

 

結果

f:id:mukapoke:20210303105630j:image

最終レート 2015

 

経緯
ほぼユウキさんの構築なのでまずはこちらの記事をお読みください。

【剣盾シングル】壁+まきびしゼルネアス【S15瞬間1位/レート2014達成】 - ユウキのめざめるパワー(氷)
(卒論が)忙しくて時間があまり無かったので、いつもお世話になっているしざよさんにおすすめしてもらったユウキさんのゼルネアス構築を使いました。
ユウキさんの構築はとても強かったのですが、自分の力量では上手く勝てない部分と環境の変化、構築バレによってキツい場面が多くあったので少し変えました。


構築の動き方としては
・ゼルネアスを通す
・ゼルネアスが通らなさそうだったらランクルスランドロスを通す
・たまにアーマーガアかランクルスTOD
これだけです。

 


個体解説
ユウキさんのブログをお読みください。

【剣盾シングル】壁+まきびしゼルネアス【S15瞬間1位/レート2014達成】 - ユウキのめざめるパワー(氷)
これより丁寧に書ける気がしません。調整なども変えてません。

 

一撃ウーラオス@きあいのタスキ

陽気/ふかしのこぶし

175-182(252)-120-x-81(4)-163(252)

あんこくきょうだ/インファイト/挑発/ふいうち

ランドロスと初手対面する機会がありそうだったので陽気にしました。

 

個体解説は言うことないので変更点をしっかりめに解説


変更点
上から順番に変えていきました。
クレッフィの技 電磁波→イカサマ
初手のクレッフィランドロス対面で相手が剣の舞をしてくる時、アーマーガアを選出出来ていればリフレクターの後引けば良いのですが、アーマーガアを選出しにくい相手もいたのでそういう相手に即負けしないためにイカサマを採用しました。(元構築にはイカサマがないのとアーマーガアがいるので、知ってる人は何回か剣舞してくる)
元構築がイカサマ無しなので警戒されない時もあるし、警戒して剣の舞→地震と選択してくる時もありましたが、いくらでも試合を出来るランクマッチでは「ランドロス入りにアーマーガアを出せない+初手クレッフィ対面で剣舞地震を押される」という試合は割り切ってました。1回しか剣舞されなかったらゼルネアスで誤魔化せることもあります。
イカサマの代わりに抜いた電磁波に関しては、途中から初手に出されるのはほとんど電気か地面タイプであったため、使う場面が少なかったのでいらないと判断しました。

 

インテレオン→悪ウーラオスに変更

元々のインテレオンの役割は以下の通りでした。

④炎に強いキャラ
基本選出の全員が炎に弱めなので、対策を考える。環境に多い炎タイプはエースバーン、ホウオウ、ヒードランあたりなので勝てるポケモンを入れる。求める条件は以下。
・炎の弱点を突ける(炎耐性もあると嬉しい)
・特殊アタッカーが望ましい(「せいなるほのお」「おにび」で機能停止しない)
・火力、素早さを上げて全抜きを狙える

ーユウキのめざめるパワー(氷)より引用

 

・「コスモパワー」ムゲンダイナの処理ルートがもう1つ欲しい
・「からをやぶる」カメックスメタモンにコピーされると厄介
・「てんねん」ピクシー入りに勝てない
ミミッキュに行動させると面倒
・水技を撃ちたい相手+「ちょすい」「よびみず」を崩せない

ーユウキのめざめるパワー(氷)より引用

 

しかし、メタモンの減少、ピクシーはあまりいない、条件さえ整えばミミッキュヒードランにさえ勝てるゼルネアスのパワーと、バンギラスの被選出率が低くムゲンダイナ入りにはランクルスを出せばほとんどの場合良い(最悪バンギラスを出されていても、ランクルスを突破する手段がないため相手のポケモンを1匹倒していればTODで勝てる。相手が1匹も倒させてくれなければHP総量的に負けるが、そういうプレイヤーは多くなかった印象)に気づいてからはめっきり出さなくなったので、変更したいと思っていました。

エースとなるポケモンはゼルネアス、ランドロスランクルスで十分だと思っていたので、展開をサポートできるポケモンを増やしたく思いました。そこで初手にかわらわりギルガルド、すりぬけシャンデラゴチルゼルなどを出されて困ることがあったこと、カバルドンに対しての回答がランドロスだけでは不十分だと思っていた(ラムランドロスが周知されすぎて吹き飛ばされまくる)ので挑発により吹き飛ばしを防ぐ展開も作りたかったことを踏まえて、クレッフィの代わりに初手に出せるポケモンとしてウーラオスを採用しました。


ゼルネアスの技 ドレインキッス、身代わり→雷、気合玉
インテレオンを抜いたことでホウオウが無理になってしまったので使用頻度が低めな(交代読みかウーラオス対面しか押さなかった。ウーラオスはほぼ出されなかったため)ドレインキッスを変更し雷を採用しました。
初めはムーンフォース/雷/身代わり/ジオコンの構成で使用していて、想定していたホウオウ以外にも数の多かったメタグロスネクロズマ、ザシアン入り構築に対して壁が残らない展開でも勝ちうるところが強力で気に入っていました。
しかし、最終日付近に増えたカイオーガ+ナットレイの並びに対して、アーマーガアでナットレイには勝てないし削れない(やどりぎのたねやはねやすめでボディプレスが抜群で入るため不利なこと、鉄壁や羽休めのターンにオーガ着地されたら試合が終わるなど)と気づいたためゼルネアス自身がナットレイを突破出来るきあいだまも採用しました。
身代わりもサンダーのかいでんぱ、電磁波をかわすために絶対に必要だったのですが、雷と気合玉どちらかを切ると結局キツい構築と当たってしまうのが嫌だったので両立させました。どちらか切るなら雷かなと思います。


きつかったところ
かいでんぱ、電磁波サンダー+ザシアン
ザシアンと組んでるやつは早い電磁波持ちも多くてキツかった。電磁波サンダー+遅いザシアン相手ならサンダー対面でジオコン2回して勝ったことはある。


オーロンゲ+ゼルネアス
壁役が挑発できるせいでこっちのゼルネアス展開できない。自分もオーロンゲ使うことを考えたことはあるけど、ザシアンがキツすぎるので断念した。俺じゃなくてザシアン入りに一生マッチングしてて欲しい。


ヌケニン
ヌケニン入りは無理すぎて、相手が深読みしてヌケニン出してこないお祈りでゼルネアス出したり1匹倒してTOD狙ってました。6回くらいマッチングした中でヌケニン出されない試合1回とヌケニン出されたけど1匹倒させてくれた試合があって2回勝ちました。勝てた時さすがに出せよと思いました。


まとめ
今期は時間がない中で通話してもらったり配信を見たりして環境はそこそこ把握出来ていて、「カイオーガ+ナットレイが多いから技変えよう」とか「物理イベルタル多いからクレッフィ対面光の壁の後ゼルネアスに即引きしない」とか合わせることが出来て良かったです。
ゼルネアス入りではゼルネアスで削って他の本命エースを通す構築が面白そうだと思ったのでそれも考えたいと思いつつ、別の禁伝も考えたいです。
あとゼルネアス使ってても相手のサンダーが最強過ぎたので今月はとりあえずサンダー使いたいです。


構築真似させてもらったユウキさん、通話してくれたしざよメンバーシップの皆さんとしざよさん、ありがとうございました。

剣盾シングルS7 トリックミミバーン

f:id:mukapoke:20200701043619j:image

これ使ってました。

最高で300∼400位くらい(レートでいうと1950くらい?)写真ないけど。

 

使い始めた経緯

アッキバトンエースバーンとかいうガラクタで10日間ぐらい無駄に潰してしまったことを後悔しつつ、けんしくんにラムエースバーンが強いと教わったのでそれにチャレンジすることにした。

とりあえずラムといえばビルドということでエースバーンを上手く通すための起点作りと、エースバーンが出せない時用のサブダイマ枠を考えるあたりから考察を始めた。

ダイジェット要員として、エースバーンと攻めの相性補完が良い(エースバーンを出しにくいドヒドイデ入りサイクルに強そうな)トゲキッスを採用。

起点作り要員として鬼火電磁波呪いミミッキュを使っていた時に、ラムのみやダイジェットを2回積んでSを戻すパターンもごまかせるしっぽトリックの方が強いと思いしっぽミミッキュを採用。

ミミッキュ+ダイマ枠+なにかの選出をすることを考えた時に、襷で倒しきるのが強いと思ったのでエースバーンが苦手な水にも強そうな襷ゴリランダーを採用。その他、初手に出しやすくミミッキュの呪いとも相性が良い身代わりドラパルトも採用。

このままだとパッチラゴンがキツすぎたので、残り1枠はカバルドンにしていたが自分が上手く扱えないのとラムを誰が持っているか分からないのがストレス過ぎたので解雇。

そのころ、初手にドラパ、アシレ、エースバーン、トゲキッスのうちどれを出されるかでかなり困っていたので相手に使われて強かった眼鏡ストリンダーを採用した。パッチラゴンに当たる回数よりこいつらと択になることの方が多かったのでパッチに薄くなった(パーティ画像ではないが、ドラパルトにドラゴン技入れたりトゲキッスにフェアリー技を入れたりはしていた)。

 

個別の解説(採用順、上の画像と順番ちがくてごめん)

f:id:mukapoke:20200626162152p:plain
エースバーン@ラムのみ

意地っ張り/リベロ

155-184-96-x-95-171

とびひざげり/飛び跳ねる/アイアンヘッド/ビルドアップ

ドラパやギャラやカバが状態異常をばら撒いてくる環境でラムのみ持ちはできるだけ多くの対戦に出したいと感じたので、最も多くの対戦に選出したいエースバーンがラムを持っているのは理にかなっているし安心感があって強かった。

カバルドンはアッキ持ってて怠ける合わせて2回欠伸をいれられて負けたり、ダイナックルで押せて勝てたりすることもあってよく分からんけど微妙な気がした。エースバーン受けるなら多分アッキカバが最強だと思うけど呪いミミとかで上手く繋げてること多くて勝てることもあった。

なんの対戦か忘れたけど使い始めた頃にミリ耐えされたのが嫌で陽気から意地っ張りに変えたけど特に困らなかった。計算してみたら意地っ張りの珠〇〇耐える調整を意地っ張りの+1〇〇ならだいたい崩せるけど陽気の+1〇〇だと微妙っぽいから多分意地っ張りで良かったと思う。

 

f:id:mukapoke:20200707180115p:plain

トゲキッス@するどいくちばし

ひかえめ/てんのめぐみ

179-x-116-168-136-132

エアスラッシュ/火炎放射/ソーラービームorマジカルシャイン/悪巧み

HB:DM時に意地っ張り珠エースバーンのダイスチル耐え、ステロ込みでも珠なしダイスチル耐え

C:無振りエースバーンをダイジェットで確定

S:準速(もともとパッチラゴン抜き、+1でエースバーン抜き)

サイクル構築にも普通にエースバーンがいたので臆せず出せるようにした。

調整も結構考えたし、火力も十二分にあって文句なしで強かった。出した試合はだいたい活躍してくれた。トゲキッス以外のポケモンも考えたけどあんまり思いつかなかった。

命の珠が余っているのにするどいくちばしを持たせた理由としては、この調整をするには命の珠よりも鋭いくちばしの方がいいことエアスラッシュは連打する技なので耐久が下がるのはアンチシナジーであることラムのみを警戒させられることの3つである。

 

f:id:mukapoke:20200707180900p:plain

ミミッキュ@こうこうのしっぽ

慎重/ばけのかわ

161-110-114-x-157-116

ゴーストダイブ/鬼火/呪い/トリック

HB:あまり

HD:控え目珠トゲキッスのダイジェットのダメージが最高でも136

(いじっぱりで使っていた時に皮ダメ+GFの回復量で体力が151になって、トゲキッスの珠ダイジェットが〜150になるような調整をしていたが、攻撃技が減り意地っ張りである理由が少ないと感じたためあとから慎重ミントを使ったので変な調整になってしまった。しかし、ゴリランダーと一緒に出すことが減ったのでそれでも珠ダイジェットを耐えるようになっているのは安心できた)

構築の軸。相手のダイマックスを見てから出してしっぽを押し付けて、呪いで退場する。ラプラスの壁ターンを枯らすためのゴーストダイブ。やたらと流行っていたスピンロトムは絶対に選出されたが、ほとんどこいつでカモに出来たので良かった。鬼火の枠はあまえる、光の壁、かげうち、挑発なども候補になる。

仮にダイジェット要員に渡すことに失敗したとしても素早ささえ奪えれば1匹倒したようなものだったし、そのポケモンを起点にしてビルドアップなどを積めたりもしたのであんまり困らなかった。カバルドンのような元々鈍足なポケモンにあげてしまったとしても、呪いが刺さりエースバーンの起点にしやすくなるので強かった。

チイラのみで良かった気もする。

 

f:id:mukapoke:20200707181611p:plain

ドラパルト@食べ残し

臆病/すりぬけ

193-x-118-121-96-190

たたりめ/鬼火/電磁波orドラゴンアローor流星群/みがわり

正直に言うと、ふゆのさんのやつパクったあと電磁波が欲しくなって臆病ミントを使っただけ。

初手出しして偵察する役割としても、ミミッキュの呪いからの引いて身代わりで稼ぐ役としてもいい性能を持っていて強かった。

ゴリランダーに鬼火当てれば対面から勝てたのが強かったがみんな考えることは同じで相手にもこちらのゴリラに対して同じようなドラパルトを出された。

 

ここまでの4匹は技に多少の候補はあれどほぼ確定で良かったと思う。

 

f:id:mukapoke:20200707181746p:plain

ゴリランダー@襷

意地っ張り/グラスメイカ

176-194-110-x-90-137

グラススライダー/叩き落とす/ドレインパンチ/剣の舞

がむしゃらに使いづらさを感じ、また草技はほぼグラススライダーしか撃たないので、がむしゃらを入れないなら剣舞グラススライダーが強いと思って採用した。剣舞ダイソウゲンでワンチャンドヒドイデを倒せる。

ドレインパンチナットレイカビゴンとの殴り合いを有利にするために採用。はたきおとすはどうせトリックするからあんまり意味無いかなと思うことも多かった。

最終盤、ハチマキゴリランダーはともかくとして襷ゴリランダーはかなりメタられていて(鬼火ドラパルト、初手エースバーンやトゲキッスなど)出しづらかったので変えるべきだったと思う。

 

f:id:mukapoke:20200707180122p:plain

ストリンダー@こだわりメガネ

ひかえめ/パンクロック

182-x-90-182-91-95

ばくおんぱ/オーバードライブ/バークアウト/ヘドロばくだん

調整はよくわからなかったのでぶっぱ。

ドラパルトでほっぺすりすり読み身代わりしたらバークアウトで倒されたのが衝撃的すぎて大嫌いだったが採用した。エースバーン、アシレーヌ、ドラパルト、トゲキッスの初手に来やすいポケモンたちと対抗できるポケモンがこいつくらいしか思いつかなかった。

ばくおんぱの火力が魅力的だけど、こだわるとミミッキュドラパルトの起点になるのが使いづらかった。かと言ってほっぺたたりめの型は身代わりドラパルトがきついので、強そうに見えて微妙に噛み合ってないように思えた。

 

S7をやった感想

・めちゃくちゃ嫌いなストリンダーを食わず嫌いせず採用したことが進歩。

・強いポケモンは強い型で使った方がいい(アッキエースバーンはバカ)。

・この環境楽しかったのでもう1ヶ月やりたい。

・丸パクリからちょい変えるしか出来なかった7世代までを考えれば1から考えられたのはだいぶ進歩した気がする。

・かなり環境が早く変わっていった今期しっかりとやったことは来期にも活きそう。

 

反省点としては

・もうちょい早くまともな構築を考えるべきだった。

・ビルド抜くとかその辺の考えが足りなかった。

・鉢巻ゴリランダーが強そうなのは何となくわかってたから採用するべきだった。

 

いい加減通るか通らないかで勝ち負けが決まる勢い任せな構築は使いたくない。サイクルをしっかり回せる大人のポケモンがしたいなと思うこの頃です。 

 

研究室も本格的に始まるし院試対策もあるのでそんなに潜れるか分からないけど、8月が絶対もっとキツイので7月はやれるだけ頑張ります。とりあえず2000目指したいです。

なおぽけやチャッキーと一緒に報告しながらやるの楽しかったから、今度は構築も共有して誰かと一緒に考えたい。けんしくんもありがとう。

 

おわり 

USMシングルS15 「Nonstop!マンダウルガ」 最高2065

こんにちはむかです。

久々にレートを2000に乗せられたので記念に構築記事を書くことにしました。

 

結果

シングルレートS15 TNむっちゃん

最高レート2065

最終レート2004

対戦オフ S16 

サブローカップ個人3-1

真皇杯関東予選グループ16 9-2 1位抜け(なお)

ポサパ ポケサー最強決定戦 予選6-2 トナメ5-0優勝🏆

 

使用構築

f:id:mukapoke:20190618165743j:plain

 

構築経緯

ベースにした構築→S14最終2102&2103 ゲコミミおめでとマンダ|せつない|note

S14の記事の中からいくつか試した中でこの構築が最も手に馴染むと感じたため、そのまま6匹真似して使っていた。途中でいくつかのカスタマイズを経て最終日の夜にこの形になった。そのため、採用理由などについては上記のブログを読んでいただきたい。調整先など詳しくわかりやすかった。それぞれのポケモンの採用理由については個体解説で紹介する。

 

対戦の方針としては

対面+積みの要素が濃い構築となっており(蜻蛉返りや持ち前の耐久力を生かした強引な後出しはする)、先に1匹倒して詰めるパターンと、役割集中をしたり対面を操作して積み技から抜くパターンを意識した。

 

構築詳細

f:id:mukapoke:20190618170040p:plain@ボーマンダナイト 威嚇→スカイスキン

いじっぱり/197-183-151-x-128-158

恩返し/地震/羽休め/竜の舞

vsボーマンダには少し不安が残ったが、基本的に色々な攻撃を耐えながら最低限の火力はあって神調整。対面要素の濃い構築では捨て身と岩技採用のASぶっぱが多いが、対面的に使う時耐久力を強引に使うことが多かった(vsレボルト、コケコなど)のでHDベースが活きることが多かった。初めてHDベースを使ったが今まで使わなかったことを後悔する強さであった。技構成については、ギルガルドボーマンダで倒しにいく場面が多いため身代わりより地震の方が良いと思う。1メガであり構築の軸なことと、ボーマンダがしんどいポケモンカビゴンミミッキュで無理やり崩せるためかなり出していた。

選出率2位

 

f:id:mukapoke:20190618170221p:plain@ウイのみ 炎の体

おくびょう/169-x-87-184-126-159

火炎放射/めざめるパワー氷/ギガドレイン/蝶の舞

元々は弱点保険ガルドだった枠に、レヒレとやりあえることを評価して入ってきたポケモンウルガモスのストッパーとしてスカーフランドロスを採用したレヒレ入りの構築が多かったので、まとめて倒せるようSに大きく割いた個体を使用。ついでにいうと水Zも少なかったと思う。(ただし、水Zもある程度いたので余裕がある時はZをミミッキュにうたせるように誘導するなどして対策した。)

グロス系統にはこれでかなり勝てたが、物理耐久が柔らかすぎてミミッキュクチートを任せきれなかったのでスカーフランドロスが少ない環境なら+1でミミロップ抜き程度のよくある調整で良いと思う。もしくは、ASマンダが多い環境ならC削って耐久に回せそう。

調整の参考→【S10最高最終2115】ドリルドンマンモスヒレルド【最終27位】 - 儚くも永久のヨワシ

選出率5位

 

f:id:mukapoke:20190618170908p:plain@こだわりスカーフ 変幻自在

無邪気/147-146-87-125-81-191

冷凍ビーム/とんぼがえり/ダストシュート/岩雪崩

MVP、襷ゲッコウガを使っていた時にスカーフゲッコウガをケアされない動きが多く見られた(具体的にいうとスカーフランドロスやテテフの居座り)ため、また初手のゲッコウガミラーに不安があったために構築が迷走していた時に数戦試すつもりで採用したところめちゃくちゃ強かったのでそのまま採用した(そのため、スカーフゲッコウガ用のもう少し良い調整があると思う)。

裏に行動保証のあるメンツが控えているため初手に出した場合基本的に裏読みはせず、目の前の相手に通る技を打ち続けた。鋼タイプが裏に控えてそうな相手の時もテッカグヤにはカビゴンギルガルドにはウルガモスメタグロスにはギルガルドと投げられるのでダストでのこだわりも気にせず打てた。

選出率3位

 

f:id:mukapoke:20190618171137p:plain@ミミッキュZ 化けの皮
いじっぱり/157-143-116-x-126-118

じゃれつく/影うち/挑発/剣の舞

今まではAよりの調整を使っており、この振り方だと最初はこちらの攻撃をミリ耐えされることが多く最初は耐久振りの強さを感じられなかったが、使い込むうちにHBポリゴン2に対して剣舞2回で崩せることや様々な物理技を耐えることがとても強く感じた。(ボーマンダすてみタックルを何度か耐えたけど確定耐えでは無いらしい。)

ミミッキュの挑発はZ消化後にポリゴン2カバルドン、鈍いカビゴンボーマンダとの役割集中で詰める際に使用するため呪いよりも強いと思っている(呪いでも出来そうだが)。また、ゲッコウガがダストでこだわったあとのボーマンダ死に出しに対して、後出しミミッキュから挑発がスカーフゲッコウガでの全対応になるため強い。しかしゲンガーが抜けたことでオニゴーリやバトン部が厳しくなっている(この構築には出てこないと踏んでいた)ため、個人の好み。ただしミミッキュミラーが全部後攻だったのでもう少し素早さに回したいし、シャドークローも持たせたかったりなどいろいろ迷っていた枠。

選出率1位

 

f:id:mukapoke:20190618171421p:plain@フィラのみ くいしんぼう

いじっぱり/254-154-104-x-142-56

恩返し/炎のパンチ/リサイクル/はらだいこ

A:+6恩返しでHBドヒドイデ確定

S:ドヒドイデ抜き

はらだいこ型だが、テッカグヤに身代わりとやどりぎの種があった場合になすすべもなく負けてしまうことや、回復出来れば簡単に勝てる試合(レヒレカグヤドランみたいな有限サイクル選出を良くされた)を多く感じたために耐久振りリサイクルの型をわだーだに教えてもらって採用した。カバルドンより遅くなったが、はらだいこ型が周知されたためかカバルドンを出されることが少なかったためこれでも良かった。色んなところからイカサマやはたきおとすが飛んできたし、相手のカビゴンにもほぼマッチングしなかったので環境的には逆風感はあった。

シーズン途中まで使ってた型はそのうち別の記事であげようと思います。

選出率4位

 

f:id:mukapoke:20190618172316p:plain@弱点保険 バトルスイッチ

のんき/167-71-220-72-171-72 

シャドーボール/影うち/聖なる剣/キングシールド

※借り物の調整をそのまま使用

なぜか弱保ガルドミラーが多かったり、レヒレに対してすごく微妙であったことから、ウルガモス採用の時に一度抜いたがゲンガーを出すことが減ったために再採用して、そこから一気にレートを引き上げてくれた影の立役者。

そこまでかなりミミッキュに苦労していたため、ミミッキュに割と強めなのが良かった。この枠は最後まで定まらなかったがミミッキュに強い気の利いたポケモンが良いと思う。

ミミッキュに対してゲッコウガの蜻蛉からギルガルドを出す動きをよくした。

調整の参考→【単体考察】弱点保険呑気ギルガルド - Wanna be the Biggest Dreamer

選出率6位

 

試したポケモン

滅びゲンガー

前シーズンに使っていた、ガルランドに入れていた滅びゲンガー(わだーだに教えてもらったやつ)がめちゃくちゃ強かったので最初は滅びゲンガーを使いたく思い構築を探していた(ところせつないさんの構築を発見した)。

ただ、この構築だとサイクルを回しにくいのと浮いているのがボーマンダだけだったので相手の受け回しに地面がいる場合にあまり活躍せず、出した試合は吠えられて、信じられなくなって置物と化していた。実際に見返すと直近1週間の選出時勝率が0%であった(5月のヤクルトかよ)。最終日の前日の夜に受け回しのヌオーとかは当たる確率も低いし切るべって言ってギルガルドと交換した。最終日はゲンガーいなくて後悔した試合もあったが、それよりも圧倒的にギルガルドで勝てた試合の方が多かったので良かった。ただ、構築的にはそこを妥協して切ってしまったためにもう少し考察できる部分はあると思う。

この構築に入れた場合においては自分が使いこなせなかっただけで、原案ではこれで勝たれているみたいだし最終日滅びゲンガーに2回負けたしやっぱり使う人と構築が良ければ強いと思う。

 

選出

ゲッコウガ+ゲッコウガの見せる隙を埋められるポケモン

カビゴン+カビゴンで崩したあと通るポケモン

ミミッキュ+2匹

ゲッコウガ初手の場合の戦い方

初手ゲッコウガで最もアドバンテージを取れる技を押す。(ミミッキュに蜻蛉返り、カプ系にはダストシュート、リザードンにはいわなだれなど)

倒した後、こだわった技次第で起点にしてくるポケモンが出てくるのでそこに行動保障のあるポケモンを後出し(ゲッコウガがいらなくて起点にされないなら居座っても良い)して切り返す。仮に起点にされたとしても、ゲッコウガがある程度ストッパーの役割も持っているため大体こちら有利で戦える。ゲッコウガが初手と〆で2体、ゲッコウガ以外で1体を倒すイメージ。

カビゴン初手の場合

相手が受け気味のサイクルである場合は初手から出すことが多い。基本的にエアームドナットレイテッカグヤなどをカビゴンで倒してボーマンダを通す動きを狙う。

ミミッキュ初手の場合

出来るだけやりたくないが、キノガッサ入りなどには苦渋の選択として出していた(同様の理由でたまにギルガルド初手もある)。この型のミミッキュは初手に出すのが弱いと思っている(なぜなら、相手はミミッキュに対応できる駒を裏に残しているから。ミミッキュに対応出来る駒をボーマンダなどで削ってからミミッキュで複数匹倒すことを狙う動きが強い。)ので、ミミッキュしか思いつかない時だけやっていた。

また、ミミッキュの挑発でカバルドンなどを止めて、ボーマンダ+ウルガモスで積んでいくパターンもあった。

【追記】オフでミミッキュを止められるポケモンがだいたいウルガモスの起点だったり、ミミッキュで削ってマンダが受からない状況を作ったりすることが多くて割とした。呪いと思われることが多くて思わぬアドバンテージを得られることが多かった。

 

重いポケモン

キノガッサマンムー、HBポリ2絡みのサイクル

 

反省点

メタグロスに対してウルガモス+ギルガルド採用したりと過剰なのにポリグライドヒドグロスみたいなやつには勝てないのが弱すぎたし、ミミッキュがミラーに弱い型(ミラーに強い襷やゴーストZが流行っていたのでしんどかった)のでそのへんは改善できると思う。

 

感想

久々にレート2000まで行けたこともあって、ポケモンが最高に楽しかったです。あんまり自信なかったけど2000乗ってから1度も2000切らずに25戦も出来てかなり戦える感じでした。

勝てない時は暴れてたけど…2000乗ってからの対戦は気持ちが晴れて、勝っても負けてもなるほどなって思うことも多くて戦うことが楽しかったです。ギャラドス入りのカバマンダとポリグライドヒド。めっちゃ強いわ!!勝てん!!

わだーだに横でアドバイスを貰いながら対戦してると自分の腕はまだまだだと感じたし、勝てそうな試合を落としたり、プレイングは未熟でした。そういう面では経験値の少なさが出たかなと思います。後、深夜体力の限界が来ておざなりな選出をしていたので自分の体力を鍛えようと思います。

あと、第1回バトルフロンティアから使ってるミミマンダウルガの並びで勝てたのはめっちゃよかったです。並びが好き。

次こそ2100。

 

レートのあとも対戦オフで試合を重ねるうちに強いなぁと思えることが多かったのでぜひ真似してみてください(恩返しが多くてQRは作れないですが…)

 

スペシャルサンクス

対戦ログを全部記録したぽけっとふぁんくしょんさん。とても便利なのでぜひ使ってみて欲しいです。

お会いしたことも話したこともないけれど、構築の参考にさせてもらったせつないさん。

Rageに出て活躍されていたAdamsさん、一方的にだけど配信見てたら俺も頑張ろうって思いました。

構築を使って改善案を教えてくださったまなてぃーさん。

ウルガモスを孵化してくれた天音。

ギルガルドを貸してくれたふらん。

キャスでモチベを上げてくれたり一緒に戦ったあまみや、シャーロット。

カビゴンの型を教えてくれたり前日は一緒にやって、最終日も通話してくれたわだーだ、泊めてくれたあべし。

この構築記事を読んでくれた皆さん。

 

ありがとうございました。

 

宣伝

所属するポケモンサークル流星群が主催のポケモンオフ、MASTERSオフが8/31に横浜西公会堂で開催されます!

第7回MASETRSオフ 参加要項&申請記事 - 流星群公式ブログ

 

また、自分の参加しているポサパ運営でのポケモンサークル員最強を決める全国大会の開催が決定しました。自分もスタッフで参加します。よろしくお願いします。ポケモンサークル最強シングルバトルプレイヤー決定戦のお知らせ - ポサパ公式

 

何か質問があればTwitter @mukapoke までお願いします。(記事は全て無断転載なので何かあれば消します。)

質問箱も置いておきます。匿名で聞けちゃう!むかぽけさんの質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

 

 

おまけ

ボーマンダのニックネームについて

Triple333

走攻守三拍子揃っているところが、応援している東京ヤクルトスワローズ山田哲人選手と共通しているので、代名詞であるトリプルスリーを名付けました。色違いにすることでヤクルトが推している黄緑になるのも良き(通常色も90年代のビジターユニっぽい色ではある)。細かいこだわりとして、ボールがネストボールであり哲人と韻を踏んでいる。

 

おわり

Battle Frontier 3位報告&マスターズオフ宣伝

報告

こんにちは、むかです。

先日行われたBattle Frontierで3位になれました。オフ2年くらい出続けてますが初めてなんでめっちゃ嬉しいです。

 

使った構築は

f:id:mukapoke:20180924153604j:image

 

詳しいことも書こうかと思ったのですが、人から教えて貰ったポケモンがいるのでいいかどうか聞いてみます。並び順が汚いって言われましたが、自分ではこの構築はミミマンダウルガが軸だと思っているのでこの並び順にしました。

 

スタッフの皆さん、サークル関係のみんなや先輩、いつもオフで仲良くしてくださる皆さん。ありがとうございました。これからも頑張ります。

 

宣伝

来週9/30(日)に流星群主催でMASTERSオフというシングルの対戦オフを開催します! 

定員は64人(今30人くらい)

場所は東大島文化センターで

時間は11時から(受付開始は10:30から)です。

 

マスターズオフの翌日は月曜日で、お仕事や学校のある方もいらっしゃると思いますが、過去の開催では遅くならずに終わっている(終了19時くらい)ので今回も遅くならないように頑張ります。

来週末もポケモンしたい人、バトルフロンティアでオフのモチベが上がった人、是非お越しください!

参加申請は以下の記事からお願いします。

流星群 ~Pokemon Masters~ のブログ 第6回MASTERSオフ 参加要項&申請記事

 

スペシャルサンクス

カプ・コケコを貸してくれたわだーだ(それを厳選したたいやきさん)。

ギルガルドの型を教えてくれたかめどりさん。

観戦して応援してくれた皆さん。

リプライとかいいねをくれたみなさん。

 

シーズン9 日記

清陵祭2018シングル大会で優勝しました

 

○使用構築
f:id:mukapoke:20180515141125j:image

詳しくはあまみやぽけのブログに書いてあります→

【USMシーズン9使用構築】カバマンダparalyzer【最高2045】 - *あまみやぽけのポケ模様*

マンダとカビゴンの型は少し違うけどカビゴンは割と活躍した。

 

※あまみやぽけと違うところだけ説明

カバルドン

吠える→吹き飛ばし

あまみやぽけは吹き飛ばしカバルドンを持っていないが僕は持っているため吹き飛ばしで使用した。双剣杯のために個体貸した期間もあったのになぜ孵化しなかった…

 

ボーマンダ  陽気ジャローダ抜き

やつあたり→恩返し

身代わり→ストーンエッジ

シータさんの動画を見て強そうだと思って育成した。

ボーマンダは早くても意地ASに抑えた個体が多く活躍した他、コケコの挑発ボルチェンから繋ぐ動きで起点にできた。

最後の技は羽休めも使用したが使わなかったのでストーンエッジを採用した。サンダーやヒートロトム入りに出す選択肢を取れるのが強かった(実際撃ったのも倒したのも霊獣ボルトロス1匹のみ)。

 

こんだけ強い人がやつあたりを好んで使ってて動画でもやつあたりにしようって言われてたら、メタモン使いはメタモンのなつき度を下げてくることも考えられるしどっちでも良くね。

 

カビゴン

空元気/地震/リサイクル/呪い

カビゴンは元々ゲッコウガとある程度戦える枠ということで採用したポケモンだったのと自分はヘビーボンバーワンウェポンが使いづらく感じたので、物理相手にも幅広く戦える呪い2ウェポンの型にした。

空元気はサンダーなどと戦うために採用したらかなり強かったが、レヒレに対する速度が遅かったので一長一短。トラアタポリ2の前で凍るな!燃えろ!と叫んだ。

参考元→【最高最終2102・74位】カバリザにデブと鋼枠を - True Destiny

終盤多かったグロスランドレヒレヒトムの構築はランドが叩き落とすを持っていないことが多く、メタグロス以外との対面で呪いを1度積めればeasywinすること多かった。

 

カプ・コケコ

自然の怒り→めざめるパワー氷

ランドロスガブリアスにちゃんと撃てる技が欲しかったのでめざ氷採用。

自分はめざ氷で困ったことないって言ってたけどあまぽも自然の怒りで困ったことないって言ってた。なぜだ。

この構築最大の地雷要素である襷電磁波コケコは当初ミラーのスカーフゲッコウガとの初手対面で電磁波を撃つことでウルガモスで舞って勝つために採用したが、ゲンガーを麻痺らせたり、ボーマンダに後投げして電磁波めざ氷で削ったり、痺れさせてマンダで舞ったりと八面六臂の活躍をしてくれた。

 

○選出メモ

カバマンダミラーはコケコウルガマンダで選出

以下、初手コケコと相手のポケモンの対面の動き


カバルドン→挑発からのウルガ展開 地震で死ぬから挑発が残る


ボーマンダ→めざ氷からの電磁波で機能停止


ゲッコウガ→電磁波、居座りの襷激流ならめざ氷で襷を削る。麻痺ったらボルチェンで倒せる。麻痺しなくても倒されて激流圏外だからウルガ展開できる

スカーフはカバ引きケアで次挑発。毒タイプでこだわってるからウルガかマンダで舞う。


ギルガルド→ボルチェンウルガ引きで襷残す。のちのちボーマンダに後投げから竜舞を止めれるので有利に立ち回れる。

裏にスカーフゲッコウガいるのはきつい。

 

カプ・コケコ→瞑想、挑発によってウルガモス展開出来ないことが厳しいのでこちらは挑発から入る。フェアリーZが相手の場合初手から撃たれることが多いので、その場合は死に出しでボーマンダを出す選択肢もなくはない。実戦では1度も初手コケコミラーしなかったので実際どうなるかはわからない。

 

グロスヒレランドへの選出

裏にもよるが基本は

カバルドン+カビゴン+ボーマンダでカバカビで削ってボーマンダを通す動きを心がけた。メタグロスカバルドンカビゴン地震を入れることでボーマンダの一貫を作れる。

 

ヒードランナットレイがいたりしてカミツルギの通りがいいと感じた時は

カプ・コケコ+カミツルギ+カビゴンのように出すこともあった。

 

○結果

最高 1989

最終 193xくらい

双剣杯ベスト16

一緒に構築を考えたあまみやぽけは2045まで行ったらしいので悔しい。

 

○感想

最近あんまりレートをやってなかったけど最終日楽しかったのと、友達と考えてポケモンをやるのが楽しかったので良かったです。きっかけをくれたのは双剣杯だったので本当に感謝しています。

この前同じサークルを卒業したAdamsさんが3年生からポケモン始めて、3年生は結構ポケモンやってたって言ってたのでこれからポケモンを始めるつもりで心機一転頑張ります。

 

今期はリハビリってことで次は自己最高レートを更新できるようにしたいです。

 

きついポケモン

フェローチェ

雨砂

早い(スカーフor高速移動)レボルト

テテフ 

フェローチェ

アムハングロス

フェローチェ

無理です。 

 

ポケモンあんまやってなかったのは、ポケモン強くなっても意味無いなって思ってしまってたからなんですけど、いろんな人にポケモンをやるモチベーションを聞いてみたら「色々考えて対戦するのが楽しいから」って言ってたのでそういう感じでやれたらいいと思いました。

 

○Special Thanks

構築の大部分を考えてくれたり、双剣杯に一緒に出たり、最後まで立ち回りとか相談したりしたあまみやぽけ

 

レート最終日に家に泊まらせてくれたあべし

 

○宣伝

竜王戦仲間大会の延期のお詫びとお知らせ - りこちゃんビームで確定一発

PCLに向けた竜王戦の練習用の仲間大会を開催するので、ぜひ参加よろしくお願いします!

今53人の方がエントリーされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンタインサーフメモ

※あくまでも自分のやり方なので世間一般とは違うかもしれないです。

 

技の増やし方

技は島ごとに1位を取るともらえます。

技が増えるまではハンテールサクラビスで頑張るしかないです。そんなに苦労せず取れたので大丈夫だと思います。

ギャラドスは全部の島で1位取った後カンタイシティのサーフ協会でピカチュウを貰うと覚えることができます。

 

平常時

基本 オレンジまで速さ上げてジャンプ→技の繰り返し

ポニからのマスターコースはホエルコ(黒い影)がウザすぎるのでウラウラからのハイパーコースでいい気がする。

 

技 

1回のジャンプで2回技を使えます

沈むのだけはやめた方がいいので欲張らない

上コマンドのあとほかのコマンド入力する時に若干ラグがある(気がする)

基本

波が高い時はランターン→スターミー

波が低い時はアシレーヌ→スターミー

(1回のジャンプで同じ技を2回使うと得点が下がる)

 

その他の技

ハンテールサクラビス いらないけど最後のラインを超えて余った時に使う

コイキング(1度のみ高得点) 多分左右左右がいい、1度だけ入れると高得点がもらえる。ランターンで3500点行った時にコイキングにつなげて、そこからギャラドスを出すと高得点が狙える。
ギャラドス(1度のみ高得点) 右下左「」(どの順番でも出るけどモーションの時間は変わらないからタイムラグのある上を最後にするとやりやすいと思う)。前に飛んだ時の2倍の点が貰えるのでコイキングの次にやる。波の高低に関わらずギャラドスアシレーヌは決まる。ギャラドスアシレーヌの方が点が高くなり、21000点ほど行くと思います。

 

さらなる高得点の狙い方

※この方法を試さなくてもBPのカンストは狙えますがスコアを伸ばしたい場合は是非。

十字キーを押した時に体の周りに出る白い丸形のエフェクトが消える(体と一体化する)タイミングで次のボタンを押すと同じ技でも高得点になります。

1回のジャンプにおけるランターン+スターミーで6600点ぐらい行く時もあります。ジャンプ1回で5500点を安定できればスコアが急に伸びます。
f:id:mukapoke:20171120180800j:image

 

敵のポケモン

サメハダー

波が高い時は上の方にいれば当たらない、たくさん来たら加速の途中でもジャンプしていいかも

逃げるのではなくすれ違うようにすると避けやすい

参考画像
f:id:mukapoke:20171119211857j:image
f:id:mukapoke:20171119211914j:image
f:id:mukapoke:20171119212620j:image

メノクラゲ

めちゃくちゃたくさんいたら大回りして避けてもいいかも

近づかないのが吉

参考画像

f:id:mukapoke:20171119212747j:image

↑こういう配置よくあるのでよくやります

 

ジャンプから波に復帰して目の前にサメハダーメノクラゲがいるのは仕方ないです。

 

BP
50000〜100000ぐらいは一律10前後ですが、100000からは貰えるBPが大幅に増えます。

およそですが115000で25BP、125000で35BP、140000で45BPもらえます。

参考画像
f:id:mukapoke:20171119234649j:image

f:id:mukapoke:20171119234724j:image

140000はだいぶ上手くいった時です。

1度でポイントアップ1つ分ぐらい稼げるのでかなり効率いいかなって思います。ワンサーフィン5分くらいで終わります。

 

このブログの方法で130000↑は安定するようになりました